プロミス申し込みインターネット

消費者金融の代表格「プロミス」にネットから申し込み

プロミスですが、簡単に借り入れ可能でビックリでした。私はサービス業の会社員です。生活費の足しにしたいので、プロミスのカードを利用しようと思いました。

初めての利用だったので、少々不安でしたが契約自体はすぐに終わりました。必要だったものは、身分証として免許証を提示しました。時間にして約30分くらいで、すぐにカードが発行され使う事が出来ました。

当時は、収入が少なかったのでほしいものがあるとお金を借りては買っていました。当然カードの限度額まで使ってしまい、毎月の支払いに困るようになりました。キャッシングは1社しか利用できないと思っていたのですが、支払いに困り果てていたので、ワラをも掴む思いで他社に借り入れができるかどうか調べました。

今度はレイクに行き、審査があると言われてこれまた不安だったのですが、大丈夫ですとあっさり審査が通りました。その時も身分証明書は運転免許証だけでOKでした。時間も40ぷんくらいであっさりカード発行。プロミスとレイクと2社から借り入れをすることになったのですが、どちらが良い、悪いなど比較はできないくらい、あまり代わり栄えしませんでした。借り入れも返済も無人ATMなので、対面での作業が無かったからです。

その後、完済する時も無人ATMで返済完了しました。これからもご利用は計画的にしたいと思います。

>>ネットでお金を借りたい

プロミスはきちんと調べて賢く利用すべし

プロミスをはじめとするカードローンとは、担保なしでお金を借りる事が出来るサービスです。担保を必要としないので、個人の信用が重要になってきます。目的にあったカードローンをしっかり調べて選びましょう。

・目的と借りるまでの時間を比較しよう。
お金が必要になる理由は様々です。「明後日までにどうしても必要」「専業主婦だけど借り入れはできるの?」「審査にどうしても通らない!」など個人の状況は様々です。まずは自分の目的と希望を整理して、それに合う条件のカードローンを絞り込んでいきましょう。

・下限金利に惑わされない。
借りたお金には、利子が発生します。多くの人が、この下限金利をインターネットなどで見てカードローンの申し込みを決断しています。しかし、ホームページにあるような下限**%~上限**%という金利の中で下限の金利になる事はまずないでしょう。

なぜなら、下限金利はほとんど借りる事の不可能な500万以上の借り入れの時にしか適用されないのです。実際に、多くの方が金利でカードローンの申込みを決めています。しかし、ホームページなどで記載されている下限○○%~上限□□%という金利の中で、下限の金利になることはほぼないと思っていいでしょう。ほとんど借りることのできない500万以上の借入額の時にしか下限の金利は適用されないのです。

魅力的な数字に惑わされず、実績データや経験者の体験談なども参考にしましょう。